So-net無料ブログ作成

2012 7/28 手稲のざわめく自然探検隊 星置川で生きもの探しとコウモリナイト [活動報告]

日時:7月28日(土)14:00~21:00
場所:星置川

札幌市は都市化が進む中で、手稲山とそこから石狩湾まで流れる河川は生きもの達が棲む貴重な場所です。川と海を行き来する生きものや、実はコウモリ達も生息しています。
夏休みに突入した星置川でたっぷり川遊び、生きもの観察をした後、夜にはコウモリナイトを体験しましょう!
さかなとり.jpg

さあ魚をとってみましょう!
さかないたいた!.jpg

魚いた?いたいた!!
ひめ魚説明.jpg

さと川スタッフ生きもの担当姫ちゃん。いつも優しく丁寧に子どもたちに説明してくれます。
トウヨシノボリ.jpg

ポーズをとるうきごり.jpg

ポーズをとってるみたいなウキゴリ
ヤマメ.jpg

今年はヤマメを多く見かけます。
ビバ水遊び.jpg

今日は気温30度!ビバ水遊び!
ビバ水遊び2.jpg

ビバ水遊び3.jpg

びば水遊び3.jpg

のんちゃん説明.jpg

水生昆虫はおまかせあれ!北大環境科学院2年生渡辺のぞみちゃん。5年前からボランティアスタッフとして力になってくれています。水生昆虫に対する愛情と探究心と子どもたちへのかかわり方はピカイチです。さと川の秘蔵っ子です。
水生昆虫3.jpg

水生昆虫.jpg

虫.jpg

ヒロバカゲロウだそうです。
母と子.jpg

夕食は星置会館で。手稲区特産の大浜みやこを塩茹でにして食べました。とっても美味しかったです。
2012 7月28日コウモリナイト.jpg

コウモリナイト隊長笹森君。ゆるキャラで周囲を和ませています。
コウモリの絵前.jpg

コウモリ観察に出かけるまえに想像してコウモリを描いてみましょう!
なかじまさんの話をきく.jpg

講師の写真家中島宏章さん。コウモリはかわいい、そして不思議でおもしろい!そんな世界についてスライドをまじえてお話してくれました。
中島さんのお話を聞いてスタッフ姫ちゃんの素敵な感想があったので紹介します。

[わーい(嬉しい顔)]中島さんの言葉はすごく勉強になりました。
目の前にあっても見ようとしなければ見えなし、
見つけられない。
なれて見つけられるようになっても、
見つけやすいものだけ見えていて、まだ見えていないものが
たくさん有るという話。
新しいものを見つける楽しみ、
参加者にも伝わったと思います。
普段の活動場所にもまだまだ見えていない不思議や感動が
隠れているのだと思います。
なかじまさん2.jpg

コウモリナイトな夜.jpg

さあ、日も暮れコウモリナイトらしくなってきました~
下見 赤坂さん.jpg

コウモリ捕獲のためのカスミ網設置の様子。写真は森林生態学からコウモリについて研究をしている北大の赤坂卓美さん。
橋からバットディティクタ.jpg

コウモリが出す超音波を人間の聴覚でも聞こえるように変換するマシン、その名もバットディティクター!コウモリがイタドリの葉っぱにくるまって眠るのを教えてもらった子どもたちはちょうどいいイタドリを見つけると「これ、怪しいね~」と野生の瞳で観察し始めます。すごいな~~
橋からバットディティクタ2.jpg

橋の下を調べます
こうもり発見.jpg

コウモリ発見!ドーベントンコウモリです。みんなで盛り上がります!
コウモリ飛び立つとき.jpg

アイドル並の人気に少しお疲れのコウモリ君、空に返してあげましょう。もぞもぞと飛ぶ準備をするコウモリ。
コウモリの絵後.jpg

会館に帰って実際に目で見たコウモリを描いてみましょう。最初に描いた絵よりなんだか迫力があります。夏休みの夜、子どもたちと楽しくコウモリナイトを過ごすことができました。
ありがとう!また遊ぼうね!
スタッフお疲れ様!.jpg

向かって前列左が北大農学研究院山中聡さん。今回コウモリ捕獲のために奮闘してくれました。汗だくになって準備をしてくれました。本当にありがとうございました。
前列中央左から二番目が中島さん。そして、見守りスタッフとして協力してくれたコープさっぽろ平工さん(交通整理はプロ並)
北海道環境財団からは北川さん、梅本さん本当にありがとうございました。
さと川スタッフのみなさんもおつかれさまでした。
我が人生に悔いなし.jpg

いつも楽しい活動をスタッフ協力して行なえる幸せ、参加された方との出会い、我が人生に悔いなし、と背中が語っています(笑)

[手(パー)]アンケートより(金山Dさん)・・家の隣を流れる星置川でこんなにたくさんの生きものが生きていることに感動しました。札幌にコウモリがいるのもビックリです。チュウチュウ鳴くのもびっくり!これからも探してみます。コウモリの羽が美しかったです。

この活動は子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)と北海道e-水プロジェクトの助成、そして、コープさっぽろの共催で実施しました。
e- 水ロゴ_.jpg

追伸:この日手稲区稲積夏祭りがあり、スタッフ相内さんが川のいきものとさと川探検隊の紹介をしてくれました。ありがとうございました。

[NEW]
次回活動予告[ひらめき]8月11~12日 泊りがけで登別のフォレスト鉱山に川遊びに行きます!若干の余裕があります!詳しいことはHPを見てください。かなりお得な内容になってますよ~








2012/7/7 手稲のざわめく自然探検隊「川で生き物探し、林で昆虫探し」 [活動報告]

日時:2012年7月7日(土) 9:30~14:30
活動場所:中の川・三樽別川
講師:齋藤和範さん(みぢかな生きもの研究所所長 旭川大学地域研究所特別研究員)

川あそびをすると川の中にはいろいろな生きものがいることに気がつきます。魚はもちろん!
今回はもう少し小さな生き物、水生昆虫にも注目してみましょう。川に棲んでいる昆虫のほとんどは水の中で一生を終えず大人になると陸を飛び回ります。ヤゴ(水生)→トンボは皆さんも知っていますね?
そのほかには??つながりのある虫はいるかな?いろいろ観察してみましょう!

142325786.jpg

中の川に集合です。齋藤先生がタモ網の使い方を教えてくれます。
142325810.jpg

142326044.jpg

今回は北海道NPO被災者ネットの会報誌を通じて宮城県、福島県の親子が参加してくれました
自宅が半壊になってしまったこと、いつまで続くかわからない放射能の影響、一番パパが必要なときに離れ離れで暮らさなければならないことなど話してくれました。
142452545.jpg

ぬるぬるして少し冷たい川底に最初は泣いていた子もスタッフや学生ボランティアさんがアシストしてくれて、だんだん慣れて魚をとる楽しさに笑顔になってきました。
中の川魚.jpg

なにげなく流れる住宅街の川にさまざまな生きものたちが棲んでいます。

142452573.jpg

142575671.jpg

142326168.jpg

北大環境科学院の学生さんたち。子どもたちとすぐに仲良しになってくれました。ありがとう!
142327259.jpg

手稲山の麓、三樽別川へ移動します。ここにはどんな生きものがいるかな?
143108573.jpg

142575545.jpg

142575551.jpg

三樽 説明.jpg

ヒゲナガカワトビケラ
水生昆虫.jpg

お昼ごはんのため手稲山の山小屋(パラダイスヒュッテ)に移動すると、待っていてくれたのは・・・
142327960.jpg

142386433.jpg

大きなアオダイショウ!!
142575511.jpg

子どもたちは首にのせたり、頭をなでたり・・・
へび.jpg

あおだいしょう.jpg

142327871.jpg

142328162.jpg

講師の齋藤先生はざりがに探偵団の代表でもあります。ウチダザリガニを昼ごはんに提供してくれました。
142753953.jpg

お昼ごはんのあとは、虫捕り網に変えて陸の虫捕りをしました。
143108353.jpg

子どもたちが描いてくれた生き物の絵です。
143108826.jpg

この活動は子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動の助成で実施されました。

★次回予告★ 
7月28日(土)星置川で生きもの探し・川流れ、コウモリナイト(おかげさまで定員に達しました)
8月11~12日 登別ふぉれすと鉱山でおもいっきり川体験!







この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。